初心者から玄人まで、申し込み実績の多数ある、人気の高いおススメのFX取扱い会社はココ!

当サイトで申し込み実績ナンバーワン!

 
ひまわり証券は外国為替証拠金取引を『マージンFX』と名付け、1998年10月に国内で初めて個人投資家向けにサービスを開始した外国為替取引のパイオニアです。04年9月には手数料0円の「デイトレ口座」をリリース、05年4月からはお客様に大切な資産を安心して運用していただくために「信託保全」システムを導入。30種類以上の多彩な通貨ペアが魅力で、さまざまな種類の通貨ペアがお取引できるマージンFXなら、外貨建て商品のネックとして取り上げられる「円高」になっても、なんなく対応できます。
  >>> ひまわり証券
当サイトで申し込み実績ナンバーツー!

 
NTTスマートトレードのスマートex口座では、外貨を証拠金にしてFX取引をすることができます。外貨定期預金並みの年率で還元される金利と、取引によって生じるスワップ金利のダブル金利を受け取れるサービスが最大の魅力です。
業界最高水準のスワップポイントを用意しているため、長期運用される方には有利なFX会社ですね。 外貨→円の両替手数料は無料で、いつでもお引き出しが可能!NTTグループのFX業者の為、会社に対する信頼度は高いといえそうです。
  >>>  NTTスマートトレード

FX業者を比較して口座開設しよう!【FX初心者でも分かる比較サイト】

FXのメリットとデメリット

メリット

24時間リアルタイム取引が可能
東京、ニューヨーク、ロンドンの3つが世界三大市場と呼ばれています。このほかにも世界の主要都市に外国為替市場が存在し、常にどこかで取引が行われているので、土日を除いた平日の24時間、リアルタイムで取引することができます。

10万円程度の少額資金でスタートできる
FXは保証金取引なので、保証金を預ければ、その何倍もの外貨を取引することが可能。
これをレバレッジ(てこ)効果と呼ばれます。
例えば、10万円程度の保証金を用意すれば、1万米ドル(1ドル110円ならば110万円相当)の取引ができるのです。 (※1)

※1 必要保証金の割合は、FX扱い業者によって違います。また、取引時の為替レートによっても変わってきます。

スワップポイントで金利収入も
為替の変動による差益だけがFXの魅力ではありません。各通貨間には金利があり、1日ごとに金利が発生します。金利が高い方の通貨を買った場合には、スワップポイントを毎日受け取ることが可能です。長期で所有すれば、これも大きな収入となるのです。

デメリット

為替が予想外に変動する可能性もある
為替レートが予想とは逆の動きになってしまった場合、損失を被ってしまうことになります。
為替は値幅制限がないため、損失額が予想外に膨らんでしまう可能性も十分にあります。

レバレッジ効果は諸刃の剣
少額で数倍もの通貨取引ができるのがFXの魅力だが、それは逆に大きな損失を被ってしまうリスクもあるということ。ほとんどのFX扱い業者の場合、一定の基準を下回ると強制的にロスカットし、損失を確定するシステムを採用しています。 (※1)
※ロスカットとは、お客様の損失を一定の範囲に抑えるための措置です。為替相場の変動によって損失が許容範囲を超えたときに、ポジションの一部やすべてを決済する仕組みです。細かい取り決めはFX扱い業者により異になります。

金利を支払う場合もある
金利が高い通貨を買っている場合はスワップポイントを毎日受け取ることができるが、逆に金利が高い通貨を売っている場合には、スワップポイントを支払うことになります。中〜長期で持ち続けていると、このコストも馬鹿になりません。

FXで運用できる主要通貨

各国の通貨の特徴を知っておきましょう。

米ドル アメリカ 世界中で汎用され、為替市場の中心となる基軸通貨。そのため値動きを予測するための判断材料も多く、一般的に為替手数料も安いので、為替取引ビギナーにも扱いやすい通貨です。
ユーロ ユーロ 欧州12カ国における流通通貨。米ドルに次ぐ影響力を持つといわれています。ユーロ圏の経済動向や欧州中央銀行(ECB)の金利政策などが変動を見極めるポイントです。
豪ドル オーストラリア オーストラリアの流通通貨。天然資源の輸出が盛んなので、鉱産物等の価格動向が変動を見極めるポイントとなります。金利は高く、他通貨の値動きの影響を受けにくいことが特徴です。
ポンド イギリス イギリスの通貨で、米ドルに変わる前の旧基軸通貨。金利が高く、短期間で大きく値動きするためプロの投資家に人気があります。現在はユーロ参加の有無が注目を集めています。
スイスフラン スイス 永世中立国であるスイスの通貨。そのため、政治的な意味合いから避難通貨として認知されてきた歴史があります。戦争などの有事の際には、特に安全な通貨としてよく取引されます。
カナダドル カナダ ポンド・豪ドルほどではありませんが、日本円と比べると金利が高く、米ドルの影響を受けやすいのが特徴。経常・貿易黒字から伝統的に安定した通貨として認められ、取引されています。
NZドル ニュージーランド ニュージーランド(NZ)の流通通貨。豪ドル相場の影響を受けやすいのが特徴です。高金利通貨ですが、取引量が少ないため相場が変動しやすい面があります。
南アフリカ
ランド
南アフリカ共和国 南アフリカ共和国の流通通貨。天然資源が豊富で堅調な経済成長が見込まれ、比較的値動きが安定していることから人気の高まりを見せています。
韓国ウォン 韓国 韓国の流通通貨。2002年のワールドカップを契機に輸出入が解禁されました。SARSの流行や北朝鮮との関係等の不安材料にも関わらず比較的安定しており、注目を集めています。
香港ドル 香港 香港の流通通貨。米ドル・ペッグ制を採用、かつ人民元と一体化していることが特徴。現在は米国の金融政策に左右されていますが、今後は変動相場制に移行する可能性があります。


FXを様々な角度から比較してみました

FXを資本金で比較FXを手数料で比較FXを取引単位で比較FXを通貨ペアで比較デイトレードの手数料比較FXを入出金サービスで比較FXをレバレッジで比較ロスカットでFXを比較マージンコールで比較モバイル対応のFX業者比較FXの注文方法で比較FXをサービス内容で比較スプレッドでFXを比較FX業者スプレッド比較FX業者を総合的に比較




【PR】  FX  クレジットカード  消費者金融  お金 借りる  カードローン
Copyright (C) FX初心者でも分かる比較サイト. All Rights Reserved.